2011年7月14日木曜日

シドニー・ケアンズ関連リペ①

前々から塗ってましたが今回は一気にオセアニアネタを塗ってみました。

まずは大御所
上が747-400ERで下が747-400。2機とも香港でも見られますね。
ぼくがシドニーへ行った時はまだA380が居なかったのでこの2機種はシドニーの王様的存在でした。今でもそうなのかな?
新塗装で作っても良かったのですが、こちらも自分の好みと印象だけで旧塗装。
こうなるとスペマ塗りたいですね~。sakura様とかぶらないネタ。。。あの赤いのか…。

こちらもシドニーでお馴染み、AIRPACIFICの747-400。云うまでもなく繋がりはカンタスからの流用です。
これをスペマにするならあれなんですが、何せ実機を見たことが無い…orz

続いてオーストラリアでは腐るほど見る赤い奴
 今回は737-700です。ここまでできれば-800は簡単と思われるのでいずれ塗ろうと思っています。
細かな違いでいろいろ楽しめるのがバージンブルーの良いところであり、厄介なところであり…。
 13 6789入りのちょっと昔のバージョン。ウイングレットも取ってみました。

個人的に一番好きなバージンブルー。
 本当の"バージンブルー"と思っているVH-VBY。一応特別塗装なのですが、こちらをノーマルにしても違和感なし。
どんなADカラーが出ようとこれが一番です(ADカラーは見ていないので何とも言えませんが)
737-400時代にあった前の黒も復活しています。

ここまで被っといてSAABは避ける。
REXがシドニーペースなのに対してこちらはクイーンズランドをベースにコミューターを運航するMacAir。
オーストラリアはいろいろコミューターエアラインが多くて面白いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿