2018年10月17日水曜日

2018.10/15 RJOO

1日置いて再び伊丹へ。
 早速降りてきたのは、一昨日空の日イベントでの綱引き役に抜擢されていた「JALしまじろうジェット」。
こどもちゃれんじ30周年を記念したコラボスペマで、窓から覗くしまじろうとその仲間たちが描かれた楽しげなデザインです。
 東京ディズニーリゾート35周年を記念したスペマ「JALセレブレーションエクスプレス」も飛来していました。
機体の大部分に描かれたディズニーのキャラクターたちが楽しげに描かれた機体で、
ドリームエクスプレスには敵いませんがその流れを感じることのできる派手なデザインとなっています。
 JALのキャラクター系スペマが続きます。こちらはUSJとのコラボで生まれたミニオンジェット。
伊丹ではお馴染みのスペマです。

 ワンワールドのアライアンスカラーも降りてきました。今日は777-300、JA752J。

 IBEXのCRJ-700
ANAの787は消えつつあるロゴ付の機体が来ていました。

 JALのJapan Endress Discoveryステッカー付の767も飛来。

 一昨日飛来したE190-E2の試験4号機が羽田に向け出発しました。
 エンブラエルのコーポレートカラーである青・黄色にシルバーを追加し、尾翼にはE2ロゴ。
デモカラーらしい洗練されたデザインとなっています。

 機種のサメを正面から。このサメはProfit Hanterになぞらえて、機種には強いイメージの動物の頭が描かれています。
サメの他、鷲や虎など、何れも獲物を掴み取る=発注を必ず取るという強い意志を表しています。

 大きなエンジンが印象的ですが、ギアの形状も変更さればお世辞にもバランスのとれた機体とは言えない印象。
この点では見た目バランスのとれたMRJが大きく上回っていると思います。

 羽田に向けて離陸。上空を通過していきました。腹の下にも大きなE2と書かれています。
大きなフェアリングでギアが見えないのもE2の特徴で、このような工夫からもMRJへの対抗意識が伺えます。

 JALの777-200、2020年オリンピックPRロゴが入ったJA8978も飛来。

 徐々に日も傾いてきました。
 

 この日、屋久島より飛来したJACのATRはJA05JC。
兵庫県が機体購入費用を負担し経緯から但馬のコウノトリが大きく描かれた機体です。

 昼に離陸したJALのスペマも帰ってきました。

日が暮れるまで、ロケーションの良い伊丹を堪能しました。

2018.10/16 RJNA

 C-2 #206が飛来。

 F-2A #501が登場。

 3rdででしたが残念ながらどん曇り。

T-4 #701が飛来。昼過ぎに離陸しています。
3つの桜マークが掲げられています。
 
F-2A #501は16時ごろ小牧に戻っています。

2018年10月14日日曜日

2018.10/13 RJOO

久々の伊丹でした。

南紀白浜空港50周年のステッカーが貼られたE190が飛来。

JACのATR42はハイビスカスが書かれたJA01JCがアサインされていました。
ハイビスカスは離島の数を表している為左右でハイビスカスの数が異なります。

先日引退した安室ジェットと印象がほとんど変わらない西郷どんジェット。
JALの767であるほか、空の中に描かれている人が異なります。

2020東京五輪のロゴが付いたANAの777も来ていました。

E190の最新型、E190-E2が関空よりフェリーされてきました。

ノーズにカカレタ鮫の絵がとても格好いい機体です。

機体としてはエンジンをMRJ同様PW1000シリーズを搭載している他、主翼、尾翼などの形状変更、脚庫のための拡大したフェアリングなどが特徴で、E190より気持ち大きい印象を受けます。

西郷どんジェットJA615Jが出発。

天草エアラインは少しディレイでの到着のためより順光でで撮影できました。

この日はミニオンジェットが何度も往復していました。
新しくできたしまじろうジェットは空の日のイベントに使用されフライトはありませんでした。

伊丹では毎度おなじみのワンワールド。

スターウォーズの767もやってきました。
ラッピングが大分はげはげとなっています。

ミニオンジェットが出発。

ANAの787はロゴ付き。

天草が出発する際には陰っていたため陽炎も少なく撮影できました。

2018年10月12日金曜日

2018.10/12 RJNA

 F-15J #862が新田原の23sqへ。
随伴T-4はレッドドルフィンの#786でした。

2018年10月11日木曜日

2018.10/11 RJNA

 岐阜からF-4EJ #393がローアプローチを実施。

そして。
 先日からテストフライトを行っているRF-4E #909がデリバリー。
RF-4Eにとって、RF-4EJ含む偵察型のF-4にとって、第501偵察隊にとって最後のデリバリーです。

 いままで何度も見てきたタキシングをミュージアムの上で。
緑の迷彩がされたF-4がここをタキシングするのも今日で最後です。

 キャノピーを閉めた状態もまた良いです。
完全剥離ではないため尾翼には部隊マークがあった場所だけ色が違うのが確認できます。

 小牧のRWYを離陸。

 小牧の背景を背にRFが飛んでいきます。

 小牧城に向かって。奥には岐阜にDWアプローチ中のF-4EJ #393が飛んでいます。

お供にT-4 #631と#748が飛来していました。