2019年12月15日日曜日

2019.12/7 RJFZ

築城の前日は初の外周へ。フライトを撮影するか、タキシングを撮影するか迷った挙句、天気と相談しタキシングメインで撮影することにしました。

体験搭乗の為C-2 #204がフライトします。
数少ない部隊マーク付きの機体です。

6sqの機動の予行がスタート。スペマは混じらず。
非改修のF-2A #551。

もう一機は改修済みのF-2A #532。
山が背景となり曇りでも比較的見れる写真となるのがありがたいです。
2機ともにパイロンと中射程ランチャーを装備しているのは去年同様。

2機がA/Bを焚いて離陸していきます。

築城の機動飛行は今年も期待を裏切りません。

前日からかなり派手なフライトを見せてくれました。

2機でのスプレットアウトで〆るのも去年同様。6sqの機動飛行も年々パワーアップしています。

8sqは1機目がプチスペマとなったF-2A #543。
尾翼に黒豹と漢字で書かれたどこかかつての戦競を思わす塗装となっています。

AR改修がされているF-2A #520。

非改修機のF-2A #555

4機目は改修済みのF-2A #507でした。

AGGは去年同様密集エシュロン形態からのブレイクでスタート。

2機ずつで低空で模擬対地攻撃を行う姿は去年に負けない迫力です。

一昨年から積極的に背中を魅せるフライトを始めた8sq。今年は機動飛行の担当がないからか去年のAGGに比べさらに背中演目が増えています。

背中を魅せながらF-2A #543が。
運よく日も当たってくれました。

前日から素晴らしー展示飛行でした。
パンサー!

エクストラ300、JA14WPが到着。

午後からも体験飛行のC-2 #204がフライトしていきます。

午後からはブルーの予行がスタート。

4機が先行で離陸。

5番機と6番機は滑走路に入っていましたがここで一旦アーミングエリアに離脱。

理由は3番機のトラブル。
4番機にチェイスされながらゆっくり着陸してきます。

待機する5,6番機と。
アーミングで待機するブルーを横目に着陸する姿はかなり新鮮です。

3番機の#745。これで百里同様前日は3番機不在となりました。

チェイスの4番機、#787。

他の3機は4番機と合流するため背中を魅せながら追いかけていきます。

5、6番機はその後離陸していきました。

エンドに位置するため演目は思うように撮影できません。
 
5番機 #690の背中。

百里と同じく3番機不在の為すこし完成度が落ちて中途半端な演目が続きます。

エンドに位置するためいつもとは違う見え方の演目も。

1番機 #697

2番機 #686

4番機 #787

5番機 #690

6番機 #666

C-2 #204も引き続きフライト。

JA14WPの予行も行われましたが残念ながら綺麗に撮影できませんでした。

展示のためP-3C 5077が到着。
最近はP-1の展示が多いため久々のP-3Cな気がします。

US-2 #9906が到着。
夕方の光線に輝くUS-2は美しいです。

これでこの日の撮影は終了。翌日は築城基地航空祭本番です。