2016年12月31日土曜日

2016年あとわずか。

今年もあと数分となりました。
ここでこの1年を振り返ってみることにします。
 
2016.1/6 RJTI
今年の初遠征は2014年以来の東京消防庁出初式。
近年導入されたEC225を始め、多くの東京消防庁の機体が見られました。

2016.1/9 RJNA
1月早々外来機が小牧に飛来。真っ白のB58でした。
この機体を始め今年は多くのビーチクラフト機が格好いい塗装に変更され、話題となりました。
まだまだ撮影できていないので来年以降の撮影チャンスに期待です。

2016.1/10 広島ヘリポート
1月には広島ヘリポートで広島市消防のAS365を撮影しました。
地方にはまだまだ小牧に来ない消防防災ヘリで未撮影の機体が多くありますので来年以降もこのような遠征もしていきたいです。

2016.1/21 RJAH
去年より登場した洋上迷彩のRF-4E、今年は2機登場しました。現在百里はF-4の部隊が3つとなり、魅力も増えました。来年の百里遠征も期待が高まる一方でこの#913と入れ替わりでINPUTした#901にも注目です。

2016.1/22 RJTY
今年はF-22の撮影もできました。今まで駐機中のみの撮影で魅力を感じなかったF-22
格好いい新たな一面を見れた今年。来年以降もまた新たな姿を見てみたいです。

2016.1/26 大利根飛行場
1月末に大利根飛行場に初訪問。ロケーションの良さに感動するとともに、去年の河川増水による被害を目の当たりにする遠征にもなりました。

2016.2/3 RJNA
2月に入るとMRJの1号機 JA21MJがタキシーテストを開始。この時より尾翼にトレーリングコーンが装備されこの姿が今年のスタンダードとなりました。

2016.2/7 RJGG
今年は中部に台湾のLCCがこぞって就航した年となりました。

2016.2/8 RJNG
2月には岐阜でEH-101、JA01MPがテストを実施。ようやくこの目で見ることができました。
このほか今年は海自南極観測用CH-101の新造機も登場しましたが撮影できず。。。

2016.2/8 RJNG
去年登場した飛実60thスペマ。今年はローカルを実施する姿を収めることができました。
今年は以降スペマが登場しませんでしたが今後のスペマにも注目です。

2016.2/10 RJNA
2016.2/15 RJNA
今年はBK-117の新造ラッシュの年でもありました。
防災では愛媛、福井、大分、秋田が新造されうち2機は捕獲できました。
残る2機も来年には捕獲できればと思います。

2016.2/22 RJAH
巡回教導中の百里へ2回展開。うち一回は青空の中捻るAGRの姿を撮影できました。
中でも#083は素晴らしい光線、空、角度がそろいました。
来年以降もこうしたチャンスに恵まれることを祈らずにはいられません。

2016.2/24 RJNA
今年のMRJ最初のフライトはゆっくりペースで2/24に実施されました。
T-4、JA78MAとの3機チェイスで行われました。

2016.2/26 RJNA
それからわずか数日後には初めて午後にフライト。チェイスも1機となりました。
ここからJA21MJのフライトラッシュが始まります。

2016.3/2 RJTT
3月にはエジプト政府のA340-200を撮影しに羽田へ。
貴重なVIP機の撮影チャンス。来年も追いかけたいと思います。

2016.3/11 RJNA
小牧の航空祭にはF-4 #336が飛来。これが最後の一般公開となりました。
このINの時、既に調子が悪く途中までチェイス付きで飛来。このような状態の中この機体を持ってきた岐阜に感謝です。当日の帰投時には結局飛べず、多くのファンをの期待を裏切る形となったのも印象的な出来事です。

2016.3/15 RJNA
今年の春よりフライトを始めた日本初のBell412EPi
来年からは愛知にも導入され今後の導入にも期待です。

2016.3/22 RJNA
3/22にはMRJが初めてソロフライトを実施しました。

2016.3/23 RJNA
翌日にはRATを出しての試験も実施。

2016.3/28 RJGG
中部にはチャイナエアライン台中便でマンダリン航空の台中のPR塗装が飛来しました。

2016.4/5 RJNA
春になるとX-2がタキシングを開始。X-2を追いかける1年が始まります。

2016.4/5 RJNA
JA21MJはチェイスをつけてのフライトを実施。結局T-4を入れての撮影はこれが最後でした。

2016.4/6 RJNA
4月には桜と絡めてMRJを撮影。

2016.4/12 RJNA
またこの月にはX-2が機首上げを実施。

2016.4/16 RJTT
4月にはロシア航空のIL-96を撮影しに羽田へ。
その他今年は秋にもプーチン来日でロシア航空やロシア空軍224FUが飛来しました。

2016.4/18 RJTT
アイアンメイデンの747が羽田に飛来。飛来時はとても暗かったのも思い出です。

2016.4/19 RJFN
4月には最後の新田原のアグレッサーを撮影しに新田原へ。

2016.4/22 RJNA
2機のU-125が洋上迷彩になったのも今年。
4月には1機目の#028が登場。小松にデリバリーされました。

 
2016.4/22 RJNA
同じ日にX-2が初飛行。
わずか30分のフライトで岐阜に着陸しました。

2016.4/23 RJTA
VMA-214のAV-8が厚木にクロカンで飛来。
ハリアーという機体を始めて見ました。

2016.4/30 RJBB
エアレジャーがチャーターで関空と成田に飛来。
340-200というレアさと格好良い塗装が印象的なチャーター便となりました。

2016.5/4 RJOI
岩国ではE-3を始めて捕獲。
クラシカルなフォルムにロトドームの組み合わせはとても印象に残ります。

2016.5/4 RJOI
JA3447も岩国に飛来。
この後塗装が変更され格好良くはなったものの元航大カラーが減ってしまったのは残念でなりません。

2016.4/5 RJOI
FSDに参戦。ハリアーのデモフライトでは初めて垂直離着陸を見ることもできました。
今後、ハリアーでこのようなフライトを見ることはできるでしょうか。

2016.4/5 RJOI
今話題のV-22も岩国でデモフライト。
その機敏な動きと飛行機モードの静かさには驚かされました。

2016.4/5 RJOI
岩国ではDT-01がフライト。嬉しいサービスでした。
このフライトは今後の歴史にも残るフライトになるでしょう。大統領が変わり在日米軍さえ危ぶまれる結果となってしまった今、今後の岩国FSDには不安も残ります。

2016.5/20 RJNA
伊勢志摩サミット関連で小牧も大きな変化がありました。
ヘリの基地となった小牧にはVH-3Dを搭載したC-17が2機飛来しました。

2016.5/21 RJNA
それに伴いV-22が数機展開。普段岩国などでしか見れない展開が小牧で見ることができました。

2016.5/21 RJNA
小牧でVH-3Dがベースにフライト、地元でこの機体を見られる貴重な機会でした。

2016.5/22 RJOE
明野では全国から多数の警察ヘリが集結。中でも引退間近の香川県警S-76は一番の成果となりました。

2016.5/23 RJGG
Vエアも就航していました。午前中に就航という有難いスケジュールでしたが、このころからトランスアジアはA330を売却するなど陰りが見え始めます。

2016.5/23 RJGG
サミット関連で中部にも多数のVIP機が集結。
その関連でC-17の飛来もありました。

2016.5/23 RJNA
そんな5月でしたが小牧ではMRJ 2号機、JA22MJがタキシーテストを開始。

2016/5/31 RJNA
月末には無事初飛行を実施します。

2016.6/18 RJTA
厚木にVMFA-122のDC-00が数回にわたって飛来。その美しい水色の尾翼は印象的でした。

2016.6/22 RJNA
BK-117D-2が川崎で組み立てられ、小牧にもデモフライトを実施しました。
その後すぐ色が塗られ、貴重な機会となりましたが、色が塗られた後は一度も撮影できず。来年以降の課題となりました。

2016.6/23 RJNA
JA22MJは順調にテストフライトを繰り返します。
6/23は初めて午後にフライト。以後この時間は2号機のテストのスタンダードとなりました。

2016.7/2 RJGG
ナショナル航空が数回にわたって中部に飛来。
中には綺麗な光線で上がる日もありましたが巡り合わせが悪く撮影できず。来年はこの機体の順光写真が撮影したいです。

2016.7/4 RJTA
厚木には韓国海軍が飛来。歴史に残る飛来となりました。
その他では今年は三沢に英空軍タイフーンも飛来、こちらは撮影できなかったですが、来年以降撮影チャンスがあることを願います。
2016.7/5 RJNA
7/5には長らく日の目を浴びていなかったMRJ3号機が姿を現しました。
結局3機が同じフレームに映るチャンスはこの日が唯一でした。

2016.7/9 VHHH
7月には香港へ。
MEGAは白い767で飛来、767のフルカラーは撮影できていませんが、香港線は737に変更されそちらは来年の課題となりました。

2016.7/9 VHHH
QR便で入っているシルクウェイイタリアも捕獲
今後もこういった珍しいフレイたーを追いかけたいです。

2016.7/9 VHHH
前回MD-11Fを撮影できたエチオピアカーゴ。今年は777Fを捕獲できました。

2016.7/9 VHHH
2016.7/9 VHHH
ドラゴンとキャセイはそれぞれ新スキームを発表。徐々に新スキームを纏った機体も増えていきました。
またA350も今後のキャセイの顔として飛ぶことになるでしょう。

2016.7/10 VHHH
エアーブリッジとサウジのハイブリッドは去年撮れなかった機体の1機。念願の撮影でしたがこの後このハイブリッドは消滅。貴重な機会となりました。

2016.7/10 VHHH
A6-EYEのエンジンのロゴが今年変更。変更後早速香港で撮影できました。

2016.7/10 VHHH
日本でお馴染みの727、N800AKも捕獲。普段セントレアでは黒潰れた写真しか取れない機体ですが、綺麗な光線で撮影できました。

2016.7/10 VHHH
南アフリカのオリンピックカラーも捕獲、このカラフルな塗装はロンドン五輪から既に4年が経過しリオ五輪のとしでしたが色あせることもなく綺麗な塗装が保たれています。。
今年の五輪では日本人選手の活躍も印象に残ります。

2016.7/10 VHHH
B-KPBも捕獲。少し光線が悪かったので来年以降リベンジしたいところです。
この機体が新塗装になるのか、それとも消されるのかも注目です。
もっとも変更される前に撮影したいですが。。

2016.7/10 VHHH
タイのSiam airも撮影できました。
派手派手な塗装ですが隊の会社は非常に短命なことが多いのでこういう会社の撮影機会は大切にしたいです。

2016.7/10 VHHH
ミャンマー航空のモダンな塗装も見ることができました。
またこの国に今年、大量のキハ40系列が輸出されたのも印象的な出来事。
そして、今後はこの国のエアマンダレイの塗装を纏ったMRJも登場します。

2016.7/10 VHHH
中部の年末年始を騒がしているマリンドエアは737-800を香港で捕獲。
とはいえ737-900ERはまだ捕獲していないので、おそらくこちらが年始最初の獲物となるでしょう。

2016.7/14 RJNA
FDAでは銀のJA10FJ、緑のJA11FJがデビュー。現在小牧の顔となっています。

2016.7/21 RJNA
7月には2機目の洋上迷彩U-125が登場。
2機目はF-2風塗装でデビューしました。

2016.7/25 RJNA
中日本からは新しい三重防災のAW-139が登場。
今後のこの機体にタイトルが入った姿も見ものです。

2016.8/9 RJNA
神奈川県警のBell206を無事捕獲することができました。

2016.8/9 RJGG
夏にはSQがA380に大型化。その際にやってきたのはずっと撮影できなかったSG50塗装でした。
A380に今後このようなスペマが施される機会はあるのでしょうか。

2016.8/9 RJGG
V AirのA320、B-22320を撮影できたもののこの後V Airは運行を停止。復興航空は規模の縮小を始めます。

2016.8/13 RJAA
LOTポーランド航空を成田で初めて見た年でした。
一方でオーストリアが撤退するなど欧州路線の縮小も見られました。
成田発着の欧州路線、今後就航数が増えることを願ってやみません。

2016.8/13 RJAA
2016.8/13 RJAA
例年に続きアンガラ航空が夏のチャーターで飛来。またヤクティア航空も飛来しました。
来年もチャーター便に恵まれる夏であることを願ってやみません。

2016.8/13 RJAA
エティハド航空の成田便は今年から787-9に変更されました。
一方A340-600が見られる機会もとても減ってしまいました。

2016.8/16 RJNA
今年は朝日のS-76Dがデビュー、海保に続く2番目のカスタマーとなりました。
今後若干の騒動はあったものの山梨防災もS-76に決まり今後の活躍や採用にも期待です。

2016.8/17 RJNA
今年は小牧に多くのBISが飛来した年でもありました。
中でもこのN2020Qは素晴らしい塗装の機体でした。今後も小牧に多くのBISが飛来して欲しいです。

2016.8/18 RJNA
8月にはMRJに白い斑点模様が追加。
内部に熱がこもらないようにするための模様だそうです。今後はこの模様入り塗装がお馴染みとなります。

2016.8/20 RJGG
中部では夏のチャーター便としてウズベキスタンのA320が飛来しました。

2016.8/27 RJNA
8月末には2回渡米に挑戦したJA21MJ、結果2回とも空調関係のトラブルで戻ってきました。

2016.8/31 RJOI
VMFA-115の機体として海軍兵器学校「トップガン」の機体が借用され展開しました。
日本のアグレッサーとは違う、もろデザート迷彩の感じが日本で見られる貴重な機会でした。

2016.8/31 RJOI
岩国ではUS-1も撮影。US-1は来年で引退が決まっていますので貴重な撮影機会となりました。

2016.9/8 RJNA
今年は警察もBK-117C-2を導入した年でした。神奈川、千葉はお馴染みBKの塗装でしたが、愛知の新機材は全く異なる塗装で登場。今後のBK事情にも注目です。

2016.9/9 RJNA
バルカンエアP.68Cおいう新たな機体にもめぐり合うことができました。
この機体はヒラタ学園が最初に導入しましたが、以後SR22のように流行ることはあるのでしょうか。

2016.9/16 RJNK
光線が悪いことで知られる小松へAGRが移転し、初の航空祭が開催されました。
しかし、ニュータの大暴れとかけ離れた物足りない内容で、予想以上のグレードダウンとなってしまいました。
来年、天気・光線・環境すべて恵まれない小松で、このような機動とならないか、不安しかありません。

2016.9/16 RJNK
小松には2機のスペマが登場。しかし去年より地味な塗装となってしまいました。

2016.9/16 RJNK
小松にはシルクウェイが747-8Fで週2で就航。アグレッサーとともに今年の小松を彩りました。
来年以降もこの便が続くことを祈ります。

2016.9/26 RJNA
8月に断念したJA21MJの渡米。ようやく9月の末に実現しました。
長らくJA21MJを追いかけていた日々はここでいったん中断です。。

2016.10/9 RCKH
10月には高雄へ。CIの最新鋭機A350も撮影できました。

2016.10/9 RCKH
復興航空のATRも無事撮影。この後すぐ復興航空は倒産この美しい塗装は見られなくなってしまいました。

2016.10/9 RCKH
一方現在噂されているのが遠東航空が復興航空を拾うという話。
遠東航空といえばボーイング系の機体を代々使用してきた航空会社。
マニア目線ではやはり機材が注目されます。

2016.10/9 RCKH
台湾のリージョナルキャリア、デイリーエアのDHC-6も見ることができました。
現在デイリーエアは機材増強中ということもあり今後のこの会社の発展に期待するとともに、日本のDHC-6キャリア、第一航空の機材も注目です。

2016.10/11 RCSQ
屏東へも赴きました。残念ながら目的のものは撮影できずP-3とE-2のみ。
来年以降真の目的の機体を求め赴くことになりそうです。

2016.10/13 RJNA
10月には待ちに待った3号機がタキシーテストを開始しました。

2016.10/13 RJNA
2号機も順調にテストを行うがこの辺りで大きなトラブルを起こし能登へエマーで着陸します。

2016.10/21 RJNH
浜松ではウナギをモチーフにしたかわいい塗装のT-4が登場。
航空祭でも飛ばず、フライトも少なかった同機、撮影できたのは幸運でした。

2016.10/22 静岡HP
翌日には静岡HPまつりに出向きました。念願のJA119Pを撮影。
格好いいデモも見られました。

2016.10/22 静岡HP
同じく静岡HPより静岡新聞のHA135P。
しかしまだもう一機の似て非なる塗装のEC135を撮影できていないのでそちらは来年にでも撮影したいと思っています。

2016.10/22 静岡HP
静岡HPでは静岡防災のBK117も見られました。
今年は次々と在来型BKが引退した年。
防災で残るのはこの静岡と山口。果たしてどちらが最後まで使用するのでしょうか。

201610/24 RJNA
元東京消防庁のJA6720が新日本ヘリコプターとなって登場。来年くらいには黄色いマークやロゴも入れられると思われますので注目です。

2016/10.29 RJNA
10月にはニュージーランド空軍のC-130が小牧に飛来。
普段とは違いう仕様、塗装のC-130に地元は湧きました。

2016.10/30 RJNG
月末には岐阜基地航空祭が開催。
防衛装備庁ロゴに変更されたC-2 #201がフライトしました。来年はどのようなフライトを見せるのかも注目です。

2016.11/2 RJNA
MRJの4号機も9月より順調にテストフライトを重ねていました。
そのほとんどが曇り空でしたが数少ない晴れ間の見える日のフライトもありました。

2016.11/8 東扇島東公園
毎年行われる関東の防災訓練に参加。引退が噂されるBell214STが撮影できました。
今後はAW139に代わる予定となっていますが、その前にあと何回この機体が見れるでしょうか。

2016.11/8 RJTT
羽田に転戦後、LHのスペマが撮影できました。とはいえ本当に撮りたいほうのレトロ塗装には巡り会えず。来年は巡り会いますように…。

2016.11/9 RJNG
岐阜ではUP-3Dが仕様変更して登場。岐阜で大きな話題となりました。

2016.10/24 RJNA
名古屋空港で空の日イベントが開催されました。今年は防災の飛行展示はありませんでしたが、消防が大暴れしてくれました。

2016.11/15 RJNA
1号機に続き4号機が南回りで渡米しました。

2016.11/24 RJNG
P-1は11号機まで今年初飛行に成功。順調に生産機数を伸ばしています。

2016.11/24 RJNG
C-2も#203、#204と量産機が初飛行。大きな進歩となりました。
来年には美保への配備も予定されており今後の活躍に期待です。

2016.11/22 RJNA
MRJ 3号機は11月に初飛行。そのあと着実にフライトを重ねてきます。

2016.11/29 RJNG
X-2もフライトをスタート。これは来年も追い続けることになります。

2016.12/4 RJTY
12月にはVE-201を念願の捕獲。しかしこの後すぐ悲しい出来事が起こってしまいました。

2016.12/4 RJTY
横田ではC-5も初めて見ることができました。

2016.12/5 RJTY
またその翌日にはE-4Bも撮影に成功。

2016.12/10 RJNA
12月には2号機が渡米しました。これで残るは3号機のみです。

2016.12/15 RJNG
岐阜ではブルーのざ以来機改造機である2機がデリバリーしました。

2016.12/19 RJNA
三重防災のBell412も来年で引退です。

2016.12/21 RJNA
年末にはF-2B #101が登場。今後のフライトに注目です。

2016.12/26 RJNA
MRJの3号機も順調にテストを重ねていました。

最後に今年お会いした皆様、ご迷惑とご心配をおかけしました。
来年もまたよろしくお願いします。


2016.9.26 RJNA

0 件のコメント:

コメントを投稿