2017年5月29日月曜日

2018.5/28 RJSF

 初めての福島空港。

目的は世界一週ツアーで来日しているブライトリングのDC-3。
 機齢77年のビンテージ機。エンジンにも重厚感があります。。

 しばらくするとクルーや関係者も機体の周りに集まり始めます。。
 
 DC-3のチェイス担当のJA3758が飛来。

元航大のE33のうちの一機が飛来。まさかこんなところで見れるとは…。
再塗装はされていますが、ノーズの機番もしっかり再現され、オリジナル度はかなり高い機体です。
 
こちらは竜ヶ崎より飛来した新中央航空の172P。JA4184。
 
一方、DC-3も出発の準備が進められています。。
 エンジンスタート。

 古い機体ながら胴体の曲線が美しいフォルムの機体です。
 

胴体のBREITLINGの文字が光ります。。

 RWYへ。

離陸後2回のローパスを実施しました。
エプロンのレフ効果で胴体が光ります。
 
2回目はターミナルとともに。

0 件のコメント:

コメントを投稿