2015年12月31日木曜日

2015年あとわずか

今年もあと数時間となりました。
ここで、今年を振り返ってみることにします。
1/7 RJTA
1月は毎年恒例の厚木へ。
NF-600は陰りながら撮影できました。この機体は11月に空母の火災に巻き込まれ修理中。
来年からの厚木では別の機体となると思われますが、果たしてどのようなCAGが登場するのでしょう。
1/10 RJNA
新年早々MRJという機体を初めてエプロン上に姿を現しました。
ここからMRJを追いかける2015年がスタートしました。
 
1/11 坂祝
有名な坂祝成人式に初めて参加しました。
 
1/14 RJTA
1月中には再び厚木へ。HSM-77のCAGを撮影できました。
 
1/24 RJGG
1月末でAirAsiaXが中部から撤退。再び中部-クアラルンプールは空白地帯に。
 
2/2 RJAH
初百里ローカルへ。去年話題を呼んだ305sqの空自60周年塗装"青梅"を無事撮影できました。
来年好条件の新田原に移動しますがこのような派手なスペマは登場するのでしょうか。
 
2/4.RJNG
P-1の5501がIRAN OUT。この後UP-1へ改造されP-1としてのこの機体の撮影は最初で最後となりました。今後はUP-1として活躍する姿をお目にかかりたいものです。
 
2/21 RJGG
アメリカ港湾ストの影響でフレイターが中部に多く飛来。
その中でも出来たばかりのEY新塗装N476MCが飛来し大いに盛り上がりました。
 

2/23 RJGG
続く23日にはTNTの747が飛来。天候には恵まれなかったものの念願の機体が撮影できました。
 
2/23 RJGG
さらに午後にはDHLハイブリN743CKが飛来。カーゴ祭りの恩恵を受ける日が続きました。
 
2/25 RJNG
去年話題を呼んだADTWの60周年塗装。
今年はローカル3回、航空祭1回と空自スペマにしては多くの撮影チャンスに恵まれた機体でもありました。
 
3/4 RJAA
夕方より緊急出撃した成田。NZのオールブラックスが飛来しました。
しかしまだノーマルは撮影できてないので来年の課題となりました。
 
3/4 RJAA
白いK4が飛来しました。カーゴ祭りのおかげかクラシックジャンボを多く見かける年となりました。
来年以降もお目にかかりたいものです。
 
3/6 RJGG
中部にはAN124の新塗装が飛来。これにてカーゴ祭りは終了となりましたが、中部にとってはいい実績づくりとなったようです。
来年以降もこのようなカーゴの飛来が増えることを願います。
 
3/13 RJGG
VIP機としてエアジンバブエの767が飛来。
来年は伊勢志摩サミットが開催されますが、悪条件ぞろいの中部で無事撮影できるのでしょうか。
 
3/13 RJNA
一方同じ日に神戸からデリバリーされてきたJA08AR
既に小牧の顔として定着しています。一方で先代のJA6779のその後も気になるところです。
 

3/15 RJNA
小牧のオープンベースが開催。遂に小牧でもブルーがフライトするようになりました。
来年以降継続するのか、はたまた無になるのか、注目です。
 
3/17 RJAH
初めて日帰り百里遠征を実施、昼にしか着かないので今後実施する事は無いと思われますが。。
展開中だったVMFA-323が撮影できました。
 
3/23 RJNA
FDAの9号機、JA09FJが小牧に到着。また小牧に華が加わりました。
来年以降、中部就航や機数増加、国際線などが発表されていますが、小牧の国内線が存続することを祈るばかりです。
 
3/25 RJGG
インドネシア空軍の737が中部に飛来。
以前はガルーダなどを使用していた国ですが、来年以降もこの機体がVIPとしてフライトすることでしょう。
3/25 RJNA
新造のBell412、JA018Mが小牧に飛来。しばらくAW139に押されがちだった機種ですが久々の新造機となりました。
来年は日本初のBell412EPiがいよいよ小牧でフライトします。また派生型が陸自に納入される予定にもなっています。今後もメジャーな機種の1つとなることでしょう。
 
3/27 RJTA
3月に再び厚木へ。この日はNF-400が撮影できました。これで現状のCAGはすべてコンプリート。
来年以降は新しいCAGを待つのみです。
 
4/12 RJGG
メンテナンスのためピンクリボン塗装のデルタが飛来。
その後ノーマルベースの塗装に変更されこの塗装は幻となってしまいました。
 
4/25 RJTY
横田ではVMAQ-2のEA-6Bがクロカンし、撮影に赴きました。
海軍からは完全引退してしまったEA-6、来年以降もEA-6を多く見れることを祈ります。
 
4/29 RJTA
3回目の厚木へ。NF-200のマイナーチェンジ後の機体含む様々な機体がフライトしました。
 
5/1 RJNG
岐阜ではX-AAM3のテストが頻繁に行われていました。
来年以降には実用に向け様々な試験が実施されることでしょう。
 
5/2 RJBK
HA420、ホンダジェットが岡南含む日本全国でデモフライトを実施。
今後日本でメジャーな小型ジェットとなることを期待せずにはいられません。
 
5/2 RJBK
岡南ではJA119H、きびも撮影できました。
また、愛知・岐阜・名古屋以外では初めての実働の撮影となりました。
 
 

 
5/3 RJOI
天候に恵まれなかった今年の岩国。
来年はいい天気で臨みたいものです。
 
5/5 RJTA
4回目の厚木へ。この日、前回ともにVFA-102の記念塗装が撮影できました。
この塗装がいつまで残るかわかりませんが、綺麗に順光で撮影したいものです。
 
5/13 RJGG
MUに長沙便が就航、その他にも中国や台湾のLCCが続々就航した年となりました。
来年以降もこの上向き傾向を期待したいものです。
 
 
5/21 RJNA
このころになるとMRJのJA22MJが組み上がっており、エプロンに頻繁に姿を見せるようになりました。
来年からはこの2号機以降が続々フライトする予定となっています。
 
5/24 RJSI
去年に続き花巻へ。調布ではなかなか狙うことができない地方整備局みちのく。
このほか、愛らんどを今年撮影し撮影済み地方整備局の撮影機は5機となりました。
しかし、肝心の関東をいまだ撮影できていません。更新前に抑えに行かなければなりませんね。
 
5/24 RJSI
更新前に無事順光で撮影できた岩手のひめかみ。現在更新機が組みあがっており、いよいよ更新が近いことを思わせます。
 
5/29 RJNA
小牧にアカギのカモフがやってきました。今まで巡り会えなかった機体だったのでかなりれ強い飛来でした。
来年以降はフライトする姿を撮りたいです。
 
 
6/8 RJNA
MRJが自力でタキシーを開始しました。
まだ、さび止めの色がわずかに残る状態ですが一歩一歩、飛行機になっていきました。
 
6/22 RJGG
787の1号機、ZA001が中部にやってきました。その後この周辺をウロウロし、落ち着いたのは現在の位置。中部空港がこの機体を今後どのように保管していくのかが注目されます。
 
6/24  RJNA
6月初頭から末まではソーラーインパルスが小牧にテクランしていました。
夜中、カラエロアまで静かに離日。来年以降もこのプロジェクトは続きますが、成功することを祈ります。
 
6/29  RJNA
念願の防災ヘリ、りょうまが何と小牧にやってきました。S76シリーズは続々と更新が決まり数を減らしていき、この機体が貴重となる日はそう遠くないかもしれません。
S-76Dを使用する自治体も期待したいです。
 
7/10 桶川
初めて桶川飛行場に遠征。埼玉の防災ヘリが未撮影の2機が一度に撮れた美味しい1日でした。
絶好のロケーションやFA-200いる限り、再びこの地を訪れることでしょう。
 
 
7/11 RJGG
バンコクエアウェイズのA319は香港に飛来するA319とは異なる塗装が飛来。
A320、ATRなどでも同じ塗装が増えていますが、この塗装が標準となるのでしょうか。
 
7/12 RJTY
台風避難に初参戦。RC-135U含む沢山の米空軍支援機を撮影できました。
しかし、この日逃してしまったRC-135S含む数種類が残っています。今後これらを撮影する機会を探していきたいです。
 
7/14 RJNA
今年も世界一周を行う機体たちがやってきました。今年は4機と少な目。
来年もまた来てくれるのでしょうか。
 
7/19 VHHH
今年も香港へ。07USEで思うような結果が残せませんでした。
CIのスカイチーム塗装の747。現在塗装が戻され貴重となってしまいました。
 
7/20 VHHH
サウジカーゴはハイブリッド塗装で飛来。
残念ながらこれ以外のハイブリッドは今年は撮影できず。来年も多くのこのような機体を撮影したいです。
 
7/20 VHHH
念願のEYカーゴの777Fが撮影できました。
新塗装が増える中、今後もこの格好いい旧塗装を追いかけていきたいです。
 
 
7/26 布目ダム
奈良県防災を撮影しに奈良の山奥のダムへ。
み鳥の山尾背景に飛ぶ赤いbell412はとても印象に残りました。その他京都のブロック訓練にも参加され、JA20NAが多く撮影できた年となりました。
 
8/2 RJGG
MUがスカイチームで飛来。
このほか737も飛来していますが撮影できませんでした、今後はこうした今年撮影できなかったスペマも狙い続けることになるでしょう。
 
8/18 RJNA
赤ヘルさんのラストフライトが行われました。映画ベストガイの撮影にも携わるなど有名なパイロット。テストフライトの救急時でも冷静に適切な判断をし、完璧にこなす印象的な方でした。
しかし、この方のテストP魂は今後の三菱にも引き継がれていくことでしょう。
 
8/23 RJTI
長淵剛のライブ用にラッピングされたBell412を撮影しに東ヘリへ。
映画やライブ用にラッピングされた機体の情報は大変少ないですが、可能な限り追っていきたいと思います。
 
9/11 RJNA
JA02MPが小牧に飛来。S-92という機体を初めて見ることができました。
警視庁の機体はJA01MPを初めとし、撮影できていないも多く、今後も追うことになりそうです。
 
9/15 RJNK
今年数少ない空自のスペマの一機。
それぞれ部隊マークをモチーフにしたデザインとなりました。
来年からAGRが移動する基地。来年の航空祭は混雑具合やスペマ、機動、光線、天候など不安要素が多いですがどのような航空祭になるのでしょうか。
 
9/22 RJTY
21,22と横田へ参戦、A-10の飛ぶ姿が撮影できました。
来年もできればこの翌日帰投に参戦したいと思っています。
 
9/22 RJTY
同じく22日に帰投したF-15C。ZZのF-15は今まで地上展示のみでした。
今年は嘉手納所属機を多くとることができた一年となりました。来年はさらに多く撮るべく、現地へも赴きたいところです。
 
10/3 RJNA
10月にはMRJ、JA21MJがタキシーテストを再開。いきなりアクティブRWYまで出るという快挙を達成しました。
 
10/7 RJGG
ルフトがA330にシップチェンジ。A330が飛来したのはこれきりとなりました。
今後もこのような珍しいシップチェンジも逃さず追っていききたいです。
 


10/7 RJNA
 YS-11、#156が最後に小牧に飛来。W-2をタキシングするという奇跡が実現しました。
来年でYS-11は403sqから引退する予定となっています。いよいよ日本に残るYS-11の終焉も近づいてきました。
 
10/16 RJNA
山梨放送のBell407が飛来。
MRJのフライトやATD-Xの初飛行が控えている来年も、こういった突発的な外来機にも注目していきたいです。
10/18 山城
今年初めてブロック訓練に参加。場外に降りる防災ヘリを撮影できました。
しかし、目的であった和歌山県"きしゅう"は撮影できず。来年以降の課題となりました。
 
10/24 木曽川
つづいて中部ブロックの訓練にも参加。
念願の静岡県"オレンジアロー"を撮影することができました。来年は静岡消防や浜松消防も狙っていきたいです。
10/24 RJNA
同じ日に小牧で空港祭が開かれました。
わかしゃちは午前午後とイベントに参加、午後には派手な機動を実施しました。
このイベント是非来年以降も規模を大きくして実施してほしいです。
 
10/25 RJNG
毎年恒例の岐阜基地航空祭へ。今年は飛実60周年ということで記念塗装が登場。
午前、午後と青空の中を暴れました。その塗装から"ヤンキージャージ"という愛称が。
来年、残っていればこの機体のローカルも狙っていきたいです。
 
10/25 RJNG
さらに5年間待ち続けたF-2B、#102がフライト。遂に青空の中この背中を見れる日がやってきました。
 
11/6 RJNA
11月に入るとMRJは初飛行を目前に控えた最終調整に入りました。
ブレーキテスト、機首上げなど、その姿はもういつ飛んでもおかしくない。そんなことを感じさせられました。
 
11/6 RJNA
最後のMH-53のオーバーホールが終了しOUTがありました。
この日をもって長年小牧のテストの一つの名物であったMH-53が姿が消えてしまいました。
 
11/11 RJNA
遂にこの1年間追い続けたMRJが初飛行を実施。
見慣れた国産機と飛ぶ姿がとても身近に感じられた初飛行となりました。
この後2回のテストフライトを実施。しかし、遅れも発表されていることから先行きも不安です。
 
11/19 RJNG
岐阜では60周年記念式典にむけ様々な機体に60周年仕様のデザインが施されました。
機種ごとに違うデザインは非常に面白く、いろいろな機種を持つADTWならではのデザインとなりました。
 
11/30 RJNA
京都府警向けのA109、JA6004がテストフライト。
塗装等にマイナーチェンジがなされあらたなバージョンの機体となりました。
来年以降、ロゴが入った状態でフライトすると思われます。
 
12/2 RJNA
自衛隊南スーダン派遣に伴いJALの777が小牧に飛来。
今後も定期的にこのようなチャーターが実施されると思われます。
 
12/5 RJFN
新田原基地航空祭は302sq、AGRが参加する最後の航空祭となりました。
当日はあいにくの涙雨となりましたが、前日はAGRの本気を見ることができました。
来年以降、このような派手な機動を小松ではできないと思われますが、可能な限り派手なフライトを期待したいです。
 
12/8 RJNA
 小牧にあらかわ4が飛来。なんと今年で埼玉防災をコンプリートしてしまいました。
愛知防災との合同訓練だったようで今後も他自治体の航空隊との合同訓練も実施されるのでしょうか。
 
12/12 RJTA
今年5回目の厚木へ。目的はクロカンで飛来したVMFA-312。
FA-18A含む2機の機体が撮影でき、充実した厚木となりました。
今後もクロカンには目を離さず、追いかけようと思っています。
 
12/17 RJAH
ローカル狙いで百里へ。今年は百里のローカルが激増しました。
目的の洋上迷彩のRF-4も撮影でき、曇りながら充実した百里となりました。
 
12/17 RJNA
長年小牧で飛び続けた中日本のJA8705が新天地に向け小牧を飛び立ちました。
来年以降また、新天地で元気に飛ぶことを願わずにはいられません。
 
12/18 RJNA
下半期には福島県警JA139Fと鹿児島県警JA15KPが組み立てを実施。
警察のAW139がまた数を増やしました。今後これらの機体が小牧でおなじみの機体となりそうです。
 
12/20 愛知県係留地
今年も飛行船スヌーピーJ号が中部地区にやってきました。
今年は昼間の離陸を狙いに行きましたが、残念ながら日は陰り、また来年撮影しに行こうと思います。
 
12/22 RJNG
年末にUAVミッションが行われました。
機体も60thマーキングが施された機体でかなり貴重な記録となりました。
 
12/22 RJNG
C-2は航空祭を含めフライトを実施していました。
こちらの機体はMRJ以上の深刻な強度不足を抱えた機体。来年以降、胴体を付け替えた1号機が順調にテストを重ねることを祈ります。
 
12/26 RJGG
ウズベキスタン航空が年末チャーターで飛来。
ウズベキスタンの757は初めてでまた今年数少ない757の成果となりました。
今後もこのような繁忙期のチャーター便の復活を望みます。
 
12/29 RJAA
今年の最後は成田へ。青空の中、目的のEYのF1塗装が撮影できました。
塗装が新塗装になってもこのような派手で良センスのスペマは続けてほしいです。
タイトルはすでに来年に向け2016に変更されています。
 
12/29 RJAA
この日はMUの新華社通信のADカラーが飛来していました。
ようやくA330のスペマを撮影しましたが、スペマは1機ではありません、来年以降も可能な限り追い続けたいです。
 
今年は特に地元の出来事が多く、歴史に残る1年となりそうです。
しかし、中には来年に持ち越しとなった出来事や、さらなる延期が発表されたもの、現状先行きが不明なものまで様々です。これらの動向は来年も引き続き追うこととなるでしょう。
 
また、今年は場外離着陸場へも多く出向き場外で発着するヘリを多く撮りました。
 
今年は天候に悩まされた年でもありました。また、一日に重なる航空祭やイベントもあり、遠征先を迷わせる1年でもありました。
一方で去年に比べ地元空港に出撃する回数は激増しました。さらに地元の出撃が必要となる来年、遠征と地元の両立が来年の課題となりそうです。
 
 
 
 
 
最後に、今年は多くの方々とお会いした年でもありました。
今年、初めて会った方々、そしておと年以前からずっとお会いしている方々、、
来年もまたご迷惑とご心配をおかけするかと思いますが、よろしくお願いします。

2015.4.29 RJTA

1 件のコメント:

  1. おめでとうございます
    本年もよろしくお願いします

    蛇足ですが、福島県警察のAW139(JA139F)の初飛行は2014年10月10日です。
    今回が初めての耐空証明検査になるかと思います。

    返信削除