2011年10月10日月曜日

2011.10/8~9 鈴鹿サーキット→RJNA

 F-1が開催されるということで土曜より鈴鹿サーキットへ。

目的は…。

F-1ではなくドライバーなどの関係者を会場まで輸送するヘリ。

午前中は何もなく暇でしたが、午後からは早速…。
 F1輸送のヘリでお馴染み、ZENTのBK-117が飛来しました。
雲ひとつない青空に黄色の機体が輝きます。

続いてはお膝元、HONDAのAS350。なかなかタイトな降り方をしてくれました。
クイックで離陸していますが生憎逆光だったので全て省略します。

武総のAS350が降りてきました。
メタリックのホワイトにブルーのラインで、なかなかイケてるカラーリングです。

先ほどのホンダのAS350もランディング。

小牧にも飛来実績ありのJA109Eですが、個人的には初めて。
テイルスキッドに伸びるラインがなかなか素敵です。

 八尾でお馴染みのJA9636。元々は阪急航空でこんなカラーリングでしたが、
朝日航空でこんなカラーリングとなり、後にフルカラーとなった機体です。

小牧でお馴染みJA6900。F1のヘリ輸送では大活躍しました。

予選が始まるとヘリのトラフィックはなくなりますが、代わりに飛ぶのがこの機体。

東邦航空のAS355。この2日はフジテレビの報道機として鈴鹿上空を颯爽と飛んでいました。

午後一番に飛来したZENTのBKが帰ってきました。


2日目も朝からヘリ。
朝方は離陸がメインとなるようです。

トップバッターは昨日に引き続きJA6900。いつもながらタイトな離陸を見せてくれます。

こちらも小牧でお馴染みアルペンのJA002T。一回場外をパスしてから着陸しました。

クイックで上がります。

滋賀県がて一条のラルジュのR44。ライトブルーのR44は新鮮に見えます。

小牧でお馴染みSECOもこの日ばかりは遊覧飛行を中止してF1輸送に総動員です。

ここで着陸方向が逆になりました。

昨日に引き続きZENTのBK117。黄色が本当に眩しいです。

クイックで上がります。
鈴鹿のすっきりとした青空に黄色い機体が映えます。

午前一番で飛来したJA6900、本日2回目の飛来です。
言うまでもなくタイトな上がり方で東の方へ。

レースが始まりました。

F1ではありませんが、迫力はあります。

レース中、やはりフライトするのが東邦航空のAS355。
 下のレースに合わせ素晴らしい機動(というほどではありませんが)を見せてくれます。

しっかりカメラも生きてますよ~当たり前ですが。。。
フジテレビのロゴは何故かプレートはドアに掲げず窓から見えるように置いて飛んでいました。

コースの真ん中にはこんなマシンが。
CHSのJA9979。昨年同様Doctor-Heliのロゴが消されていますが、消し方が去年とは違います。
参考…去年のJA9979

終わった後もまたヘリ。
元雄飛航空のAS350はタイトルが小川航空になっていました。パノラマスーパーを思わせる赤のデザインが奇抜です。
カメラ装着自体は装着せず台座だけ残っているのも新鮮です。

昨日に引き続きHONDAのAS350。この後コース上をホバリングしていました。

芙蓉総合リースのA109、JA6801も飛来。
雰囲気はJA109Eと似ていますが窓縁が黒くラインも黒系で、なかなか格好良いです。

この後は決勝ですが、これを見ているとハマりたくない渋滞に引っ掛かる恐れがあるので決勝を見ず鈴鹿を後に。

向かった先は小牧。
完全に予選敗退のパターンですね(笑)

シューマッハのF2000、M-IKEL。WL付きの上、シルバーで格好良い塗装です。
今日中に飛ぶことを期待していましたが…。
昨日鈴鹿で見たJA610Mが離陸して行きました。


日は落ちて…。


ヘリコプターたちも鈴鹿から帰ってきました。
午前中飛んでいたアルペンのJA002T。

中日本からはJA113Dが鈴鹿に行っていたみたいです。

鈴鹿チャーターといえば…というくらい前は頻繁に見たエクセル航空のS-76。
今年はここへきてようやく見ることができました。既に日はありませんが…。

コースの真ん中にいたJA9979も帰ってきました。

鈴鹿でもお馴染みとなったJA6900も帰投。

結局M-IKELは出発せず…。

0 件のコメント:

コメントを投稿